トイレでの水道トラブルも早急に修理

トイレでの水のトラブルは多くの家庭で起こります。トイレが家に一個しかない場合は、非常に不便で、家に帰るのも憂鬱になってしまいます。そのため、早めに水道修理に任せて使用できるようにすることが重要です。トイレは生活するにあたってとても大切な役割を持つものであるため、故障をする前に対策を打つことも大事です。ここではトイレでの水道修理の方法や対策などを紹介します。

■トイレが詰まってしまった

トイレが詰まってしまうと汚水があふれ出てくる恐れがあります。そうなると後始末が大変です。そのため、早急に対処する必要がありますが、原因の多くはトイレットペーパー以外の固形物を流すことです。この問題は前兆を知っていれば、未然に防ぐことができます。水位が高くなっていたり、流したときにボコボコとおかしな音がしたりという前兆がいくつか見られます。あまりに酷い状態であれば水道業者に頼むのが得策です。


■タンクに水が溜まらなくなってしまった
レバーを回す際に手ごたえを感じられなかったり、水道管から水が流れなくなってしまったときは要注意です。放置しておくと、トイレから悪臭が漂うようになってしまい、そのうち使用できなくなってしまいます。原因の多くは部品の欠陥などにあります。このような問題は、ボールタップの交換や給水管のストレーナの掃除をすることで改善できます。
また、詰まりや、蒸発して水が減ってしまうことも原因の一つです。そうなると悪臭がたちこめて非常に嫌な気分になります。まずは要因を知ってから修理を始めるのがおすすめです。

■温水洗浄便座が機能しなくなってしまった

この問題はすぐに解決できる傾向にあります。自分でも修理することができるので実践して温水洗浄便座を使用できるようにしましょう。原因はノズルに汚れが詰まってしまうことによって、水を噴射できなくなってしまう場合が考えられます。そのため、その場合はノズルを掃除することで解消できるでしょう。
また、給水ホースの詰まりが関係していることもあります。これもホースの内部まで掃除すると改善できます。故障している場合は水道業者に相談することで解決します。

■まとめ
トイレのトラブルは、自分でも簡単に解決できるものもあります。初めは不安ですが、やってみると次にトラブルが起こった時に対処できるようになります。どうしても分からず、直していくうちにますます悪化してしまった場合はトイレの交換等になる前に水道業者に依頼しなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ